情報提供医師

向井原 健太 医師(札幌ひざ関節症クリニック 院長)

医学博士/日本整形外科学会認定 専門医

向井原医師の詳しいプロフィール

変形性膝関節症は完治しますか?

変形性膝関節症は進行を遅らせることしかできず、治らないと聞いたのですが、再生医療を受けたら治すことができますか?

どんな治療であっても組織の変性・損傷を完全に元に戻すことは難しいです。現時点の再生医療で期待できることは、変形性膝関節症の病状をゆっくり進行させることです。再生医療の治療メカニズムは理論上、軟骨細胞を増殖させることも可能ですが、今のところ生体レベル(ヒト)ではその軟骨修復効果は限定的であると考えられています。

しかしながら、当クリニックで行っているPRP療法(PRP-FD)や幹細胞治療などの再生医療は、変形性膝関節症の炎症に対する抗炎症作用に優れており、痛みの軽減も同時に期待できる治療です。変形性膝関節症を完治させることは難しいですが、初期の頃から再生医療による治療を開始することで、病気の進行を防ぎ、膝の寿命を長く保つことが期待できます。

当院の再生医療について知りたい方は、ひざ関節症クリニックが提供する医療をご覧ください。

お気軽にお問い合わせください

まずは、お気軽にご相談ください。

0120-013-712

無料でんわ相談・来院予約

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休/完全予約制)

お気軽にお問い合わせください

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休/完全予約制)