当院の初診の目的

当院の初診は、まず患者さまのお悩みについて一緒に考え、症状や生活スタイルを加味した上で適した治療法をご提案することが目的です。それには、患者さまにもひざ関節の状態について詳しく知っていただく必要があります的確な診断とわかりやすいご説明に努めています。
再生医療の適応や効果が見込みについて持ち帰ってご家族に相談される方や、セカンドオピニオンに利用される方もいらっしゃいます。まずはお気軽にお悩みをご相談ください。

初診の流れ

事前カウンセリング、診察、診断・ご説明の流れで行います。
完全予約制ですので、ご来院いただいてから待ち時間はほぼありません。ゆっくりご相談いただけるよう1時間ほど確保しております。
お時間があまりとれない方は、事前にお伝えいただければご都合に合わせてのご対応も可能です。

  • 1、事前カウンセリング

    まずは次にような内容についてヒアリングを行います。
    ・症状や生活でのお悩み
    ・痛み出したきっかけ
    ・これまでの治療歴
    ・治療後のご希望など
    当院のナースやコンシェルジュが伺いますので、リラックスしてなんでもお話しください。

    時間目安:10~15分

  • 2、医師の診察/診断

    医師がカウンセリング内容などについてご確認させていただきます。また、ひざの痛む箇所や関節の動きを触診します。
    MRI画像も解析して、痛みの原因やひざの状態を診断したら、わかりやすくご説明いたします。

    時間目安:15分ほど

  • 3、治療説明/提案

    当院でご提供している治療法についてご説明したあと、患者さまお一人おひとりに適した治療プランをご提案いたします。
    患者さまと一緒に治療方針を考えますので、ご希望やご不安な点は、遠慮なく医師にお伝えください。

    時間目安:15分ほど

  • 4、質疑応答

    診察やご説明のときにもご質問していただけますが、あとから気になることや医師に聞きづらいことがありましたら、スタッフに改めてご質問ください。ご希望ございましたら、参考になる資料などもご紹介させていただきます。

    時間目安:15~20分

お伝えできる検討材料

自由診療では特に、治療について患者さまにご理解・ご納得いただいたうえで治療を行う、インフォームドコンセントがとても重要と考えております。そのため、実際の症例やアンケート結果、学会発表した統計データなど、エビデンスも含めた情報を検討材料としてご提示しています。

費用

初診料

医師による問診・診療
¥3,000

よくある質問

変形性膝関節症の初期でも相談できますか?

もちろん、可能です。
当院で扱っているような再生医療は、末期で手術しか方法がない方が受ける治療というイメージかもしれませんが、どの進行レベルの方にも検討いただけます。それに、医療全般に言えることですが、当院の症例でも早い段階の方が高い効果が得られています。
しっかりひざの状態を診断して適した治療をご提案しますので、ご遠慮なくご相談ください。

検査は必ず必要ですか?

検査画像をお持ちであれば、必須ではありません。
当院では変形性膝関節症の進行度だけでなく、靭帯や半月板、軟骨や骨の状態も確認した詳しい診断のもとで、患者さまに適した治療をご提案しています。そのため、MRI画像をお持ちでない方には、提携の検査機関での撮影をお願いいたします。
待ち時間なく検査から診断を終えられる、当院のMRI診断の詳細は、こちらをご覧ください。
札幌院のMRIひざ即日診断について

治療するかはその場で決めないとダメですか?

持ち帰ってのご検討も可能です。
当日に治療日をご予約いただくことももちろん可能ですが、受けた説明をもとにご家族にご相談したいという方は、検査データや診断資料などをお持ち帰りいただくこともできます。

家族も一緒に説明を聞けますか?

はい、ご家族にも同席いただけます。
当院では、ご家族が心配していろいろ調べ、当院をご紹介して一緒に来院される患者さまが少なくありません。患者さま本人はもちろん、ご家族にもしっかり理解・安心いただけるよう、ご質問にもお答えしながら丁寧にご説明いたします。
診察室も、ご家族が同席できるスペースを確保しておりますので、ぜひご一緒にお越しください。

セカンドオピニオンは別途費用がかかりますか?

セカンドオピニオンのご利用でも、診察や診断、治療提案などのご説明やアドバイスにかかる費用は、通常の初診費用と同じ¥3,000(税別)です。ただし、診断書等の書類がご入用でしたら別途、書類作成費用がかかります。

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00
(年中無休/完全予約制)