急に膝が動かなくなる原因は何なのでしょうか?

立ち上がろうとした時やひざを伸ばした時などに、急に膝が動かなくなり、動かそうとすると強い痛みが出ることがあります。ゆっくりと膝を動かすことでいつも改善しているのですが、いつか足が動かなくなってしまうのではと不安です。

実際に拝見してみないとはっきりしたことは申し上げられませんが、お話の内容からすると、おそらくロッキングという現象かと思われます。
ロッキングとは、関節内で何らかの理由で遊離してしまった半月板の組織、骨、軟骨の一部が関節の隙間に挟まって急に動かなくなる状態のことです。ロッキングは以下の疾患によって引き起こされます。

脚をゆっくり動かすことで改善する場合もありますが、関節内が損傷していることは間違いないでしょう。整形外科を受診し、ロッキングの原因疾患の治療をしていただくことをお勧めします。治療を行うことで、ロッキングの症状も改善します。

■ロッキングの治療法

ロッキングを治すには、損傷した半月板の治療が必要になります。内視鏡を用いた半月板切除手術や半月板縫合手術が一般的です。
近年では再生医療による治療も注目されています。血液に含まれている、組織の修復を促す成長因子を抽出、濃縮してひざに投与する治療(PRP療法)や、脂肪由来の幹細胞を培養し、損傷した箇所に注射で投与する治療(培養幹細胞治療)などでは、抗炎症作用、痛みを和らげる効果などが期待されます。
当院ではまずMRI検査を行い、膝の状態を詳しく診察させていただいたうえで、確定診断を行います。その上で、当院が行う再生医療の適応かどうか、どのような効果が見込めるかなどわかりやすくご説明しております。

まずは一度、お膝の状態を拝見させていただければと思います。

情報提供医師

向井原 健太 医師(札幌ひざ関節症クリニック 院長)

医学博士/日本整形外科学会認定 専門医

向井原医師の詳しいプロフィール

お問い合わせ
総合窓口

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00
(年中無休/完全予約制)