情報提供医師

向井原 健太 医師(札幌ひざ関節症クリニック 院長)

医学博士/日本整形外科学会認定 専門医

向井原医師の詳しいプロフィール

膝裏が痛むのですが、どんな病気が考えられますか?

膝の裏に痛みを感じます。触ってみると少し腫れているような感じもします。どのような原因が考えられますか?また、どのような対処をすべきでしょうか?

膝の裏の痛みの原因は様々です。
考えられる原因疾患について解説していきます。

■半月板損傷

<概要>
半月板は膝関節の内部に存在し、太ももと脛の骨がぶつかる衝撃を和らげるクッションの役割を果たしています。半月板損傷は、運動時に膝をねじった時や、膝に過度の衝撃が加わった時に半月板が傷つくことで起こります。半月板の後方(膝裏)が損傷した場合は、膝の裏に痛みが出ます。

 

<症状>
膝裏を伸ばした時に痛む(半月板の後方が損傷した場合)、膝が曲げづらい、膝が腫れている、膝にひっかかり感がある、膝に熱感やこわばりがある、歩くときに痛むなど。

 

<治療法>
膝を安静にし、痛みが強いときは抗炎症薬(湿布や塗り薬、飲み薬など)で痛みを抑える保存療法を行います。半月板の血行がいい部位を損傷した場合は、自然治癒することもありますが、保存療法を行っても膝にひっかり感があったり、ロッキング(膝が動かせなくなる症状のこと)の症状がある場合や、半月板の損傷が大きい場合は手術療法(半月板縫合術か半月板切除術)を行います。

■後十字靭帯損傷

<概要>
後十字靭帯(こうじゅうじじんたい)は膝の裏にあって、太ももの骨とすねの骨を繋いでいます。スポーツや交通事故などで膝を強く打ちつけてしまった際に損傷するケースが多いです。

 

<症状>
膝裏を伸ばした時に痛む、膝が曲げづらい、膝くずれする(歩き始め、ダッシュやジャンプの着地でひざの力が抜ける)、歩くときに膝が不安定に感じる、膝蓋骨(お皿)周辺にも痛みを感じるなど。

 

<治療法>
部分損傷(靭帯の一部のみが切れている)で症状が軽い場合は、筋力トレーニングなどの保存治療を行っていきます。完全損傷(靭帯が完全に切れている)や保存治療を行っても効果がない場合は、靭帯の再建手術が必要になります。

■ベーカー嚢腫

<概要>
膝の裏がポッコリと腫れ、痛みや圧迫感、違和感(つっぱるような感覚)を感じます。膝の裏側だけでなく、ふくらはぎや太ももの裏側にまで違和感を感じるのが特徴です。
原因は、関節内の炎症とそれに伴う関節液の多量分泌です。よって、関節内の炎症を引き起こしている原因をケアすることが重要です。具体的には、変形性膝関節症などがそれに当たります。

 

<症状>
膝裏が腫れる、膝裏が痛む(軽度)、膝を曲げると圧迫感や違和感があるなど。

 

<治療法>
湿布や抗炎症薬などで痛みを抑え、注射器で膝に溜まった水(関節液)を抜くなどの保存療法を行い、経過を観察します。頻繁に再発を繰り返す場合は、手術で嚢腫の摘出を検討する場合もあります。

■変形性膝関節症


<概要>
ひざ関節の軟骨が擦り減っていく進行性の病気です。動作時にひざに痛みを感じるようになり、症状が進行すると歩行や階段の昇降、立ったり座ったりする動作が困難になってきて、日常生活に支障をきたすようになります。

nbsp;

<症状>
膝を動かすと痛む、膝がこわばる、膝が腫れる、膝の音が頻繁に鳴る(ポキポキ、ジャリジャリなど)、膝の曲げ伸ばしが困難になる、歩行が困難になるなど。

 

<治療法>
症状が初期のときは、筋力トレーニングやヒアルロン酸注射などの保存療法で膝の痛みを緩和させます。中期、末期になってくるとヒアルロン酸注射が効かなくなり、人工関節手術を検討していくことになります。

■膝の裏の痛みに対する当院の治療

ここで挙げてきた原因は、いずれも保存療法が可能ですが、保存療法で効果がなかった場合はいずれも手術を検討していくことになります。膝の手術は長い期間にわたる入院やリハビリが必要となることが多く、できれば避けたいという方は少なくありません。そんな方へお勧めしたいのが、当院が提供するPRP治療です。
 
PRP治療
PRP治療は、採血した血液から血小板を多く含む液体成分だけを抽出し、膝に投与(注射)する治療法です。血小板からは複数の成長因子が分泌され、軟骨や靭帯の主成分であるコラーゲンの産生や自然治癒力を向上させる働きを助けることがわかっており*1、ひざに注射することで自然治癒力を高め、膝の痛みも和らげます。
当院では、さらに修復に作用する成長因子だけを濃縮した、PRP-FD注射を採用しています。変形性膝関節症はもちろん、半月板損傷や靭帯損傷にも効果が期待される治療です。

■痛みが気になる場合はクリニックへご相談を

急に膝の裏が強く痛むようになり痛みが続いている、慢性的に膝の裏が痛むなど、なかなか改善されない膝の痛みにお悩みの方は、早期のクリニック受診をお勧めします。放置してしまうと症状が悪化してしまう可能性もあるためです。当院ではMRI検査と専門医の診断を一緒に受けられるMRIひざ即日診断をご用意しており、専門医が膝の状態を詳細に確認したうえで、治療の適応を診断いたします。ご自分の膝の状態がどうなっているのか詳しく知りたい、という方はぜひ一度当院へご相談ください。
 

【出典】

*1 Lubkowska A, et al. Growth factor content in PRP and their applicability in medicine. J Biol Regul Homeost Agents. 26(2 Suppl 1):3S-22S. 2012.

お気軽にお問い合わせください

まずは、お気軽にご相談ください。

0120-013-712

無料でんわ相談・来院予約

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休/完全予約制)

お気軽にお問い合わせください

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休/完全予約制)