情報提供医師

向井原 健太 医師(札幌ひざ関節症クリニック 院長)

医学博士/日本整形外科学会認定 専門医

向井原医師の詳しいプロフィール

右膝の激痛に悩まされています。

数カ月前から右膝の裏に違和感があったのですが、少しずつ痛みに変わり、そのまま我慢していたら歩くときに激痛を感じるようになってしまいました。近医を受診したところ「半月板損傷」とのことで、週1のヒアルロン酸注射を行いましたがあまり効果が感じられません。いまではさらに痛みが悪化してしまい、歩くのも厳しい状態です。仕事が休めないため手術は難しいのですが、こちらの治療で膝の痛みは緩和されますでしょうか?

当院の再生医療で症状が改善する可能性は十分にあると考えます。

ヒアルロン酸に組織の修復や二次的な痛みの緩和は期待薄です

ヒアルロン酸は関節内の潤滑油のような役割です。したがって、ヒアルロン酸を注入したところで、半月板そのものを直接修復する効果はほぼ見込めません。組織が損傷したことで二次的に起こっている炎症や痛みを軽減する作用が期待できることもありますが、さほど大きく状況は変わらないとお考えください。

再生医療なら二次的な炎症や痛みの緩和は期待できます

再生医療では理論上、損傷した組織を細胞レベルで修復する効果は期待できますが、今のところヒトレベルではその効果は限定的とされています。とはいえ、二次的な炎症や痛みを抑制する効果はヒアルロン酸に比べると高く見込めると考えています。

半月板損傷では手術しない治療が現在の主流です

半月板損傷は損傷形態によっては必ずしも手術が必要ではなく、切除するとその後の変形性膝関節症への移行を助長することから半月板を温存する治療が主流になってきています。半月板損傷と診断を受け、主な症状が膝の痛みである場合、現在の治療でなかなか改善が乏しいようであれば、再生医療によって症状が改善することが期待できます。

ご自身に適応される治療法が知りたい方は、MRI検査と専門医の診断を一緒に受けられるMRIひざ即日診断にお申し込みください。

お気軽にお問い合わせください

まずは、お気軽にご相談ください。

0120-013-712

無料でんわ相談・来院予約

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休/完全予約制)

お気軽にお問い合わせください

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休/完全予約制)