30代で変形性膝関節症になることはありますか?

30代の女性です。最近立ち上がる時や階段を上り下りする際に膝の違和感や痛みを感じることがあります。気になって調べたところ、変形性膝関節症にたどり着いたのですが、30代でもなることはあるのでしょうか?

変形性膝関節症は、一般的に60~70歳代にかけて罹患率が増えてくる疾患です。しかし基礎疾患や過去の膝の外傷などによっては、30代など若くても膝に違和感や痛みを感じる関節症性変化を呈している方はいらっしゃいます。

■気を付けるべき基礎疾患・外傷

  • 関節リウマチ
  • 膝の骨折
  • 半月板損傷
  • 靭帯損傷など

■気を付けるべき体型や習慣

  • O脚やX脚
  • 肥満
  • 脚の筋肉量が少ない
  • 重い荷物を頻繁に運ぶなど

■膝の痛みが続く場合はクリニックへ

変形性膝関節症は進行性の疾患ですが、当院が扱う再生医療は、早期に行うほど高い効果が期待できます。まだ若いから大丈夫と放置せず、膝の痛みが続く場合はお気軽にご相談ください。

当院が扱う再生医療についてはこちらをご覧ください。
▶︎ひざ関節の再生医療

情報提供医師

向井原 健太 医師(札幌ひざ関節症クリニック 院長)

医学博士/日本整形外科学会認定 専門医

向井原医師の詳しいプロフィール

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00
(年中無休/完全予約制)