時々、膝がずれるような違和感があります。

脚を動かしているときや座っていて立ち上がる時などに、膝がずれるような違和感があります。ひざがかみ合っていないような感じで、痛みも感じます。ゆっくり曲げ伸ばしをすると治るのですが、これを頻繁に繰り返しています。どんな原因が考えられますか?

膝の半月板や靭帯の損傷が疑われます。

半月板や靭帯の損傷は激しいスポーツや怪我、事故などによって起こることが多いです。損傷の程度によっても異なりますが、一般的に膝のひっかかりのような症状であれば半月板損傷、膝崩れ(膝がガクッと崩れること)のような症状であれば靭帯損傷と考えられます。変形性関節症においても、半月板や靭帯の変性を伴うことが多く、進行によっては同様の症状がみられることがあります。

その他、先天的に膝のお皿の形状に特徴があることで、膝蓋骨脱臼を繰り返す方もいらっしゃいます。膝蓋骨脱臼は、膝蓋骨(膝のお皿)が本来の位置からずれて、外れてしまう状態です。自然に治ることもありますが、一度脱臼すると高確率で再脱臼する可能性があり、繰り返すことでさらにダメージが加わります。
いずれにせよ、放置することで状態は悪化の一途を辿りますので、今すでにひざがずれるような違和感をお持ちなら、なるべく早く受診するようにしてください。

当院ではMRI検査で膝の状態を確認したうえで、再生医療の適応や効果の見込みをご説明させていただいております。
まずはお気軽にご相談いただければと思います。

情報提供医師

向井原 健太 医師(札幌ひざ関節症クリニック 院長)

医学博士/日本整形外科学会認定 専門医

向井原医師の詳しいプロフィール

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00
(年中無休/完全予約制)